アンデルセン公園

アンデルセン公園(あんでるせんこうえん・千葉県船橋市)

日本最大級のフィールドアスレチック ふなばしアンデルセン公園

アンデルセン公園岡本太郎平和を呼ぶ像ふなばしアンデルセン公園は、千葉県内にお住まいの方なら、お子さんが幼稚園や小学校等の遠足等で行かれた事もあり、ご家族で訪れた方も多いのではないでしょうか。 (入口すぐにある、岡本太郎作 平和を呼ぶ像:画像)
ふなばしアンデルセン公園は、船橋市の管理する大きな公園です。

船橋市市制50周年記念作られたワンパク王国に、童話作家アンデルセン生誕の地として知られるデンマークのオーデンセー市と姉妹都市になったのをきっかけに作られたメルヘンの丘、こども美術館、自然体験ゾーンの4つのゾーンに分けられます。

アンデルセン公園じゅえむタワーオススメは、子供から大人まで思いっきり体を動かすことの出来るワンパク王国です。

日本最大級のフィールドアスレチックは、ファミリー・冒険・力だめし・ダイナミックコースの4コースがあり、パパも子供に負けじと頑張ってしまうようです。

アンデルセン公園ローラーコースター高さ13メートルのワンパク城は、50メートルのローラーコースターが人気です。(左画像)

火の見やぐらのようなタワーになっていて、ここを階段等で上がっていくのですが、小さなお子さんも頑張って登っています。子供の成長も発見でき、大人はワクワクソワソワです。

GW頃から暑い日には、にじの池やアルキメンデスの泉で、水遊びを楽しむお子さんの姿もあり、夏場は、テント等の日よけを持参でママ達はゆっくり。子供達は水遊びを思う存分楽しめます。

他にも、ポニーの広場ではポニーの引き馬が1周約50m(有料)で楽しめます。どうぶつふれあい広場では、ヤギ・ウサギ・ヒツジ・モルモットなど小動物と触れ合えます。

変形自転車やミニ電動式電車、バッテリーカーなどが、有料で楽しめ、小さなお子さんも楽しめます。幼稚園以上になったら、色々な物を作ったり体験できる、こども美術館がオススメ。

アンデルセン公園バッテリーカーパフォーマンスゾーンのアンデルセンスタジオ(有料)では、土日祭日(平日は10~20人の3歳以上の団体を対象としたプログラムもあります。)に、童話の親指姫の世界を体験できます。

まずは、親指姫の物語を聞き、登場人物になるために衣装の着替えやフェイスペンティングをして、親指姫の世界に入っていきます。親指姫や魔法使い、ちょう・花の妖精、花の王子など、12の衣装の中から二つを演じられます。男の子が親指姫になっても大丈夫。好きな役が出来ます。

その後は、撮影会。お子さんが劇をしている間は、カメラ等の撮影が出来ませんが、撮影出来る時間が最後にありますので、カメラはお忘れなく。

クラフトゾーン、食、陶芸、染、木、織の各アトリエにて、クッキー作りや、粘土を使って陶芸を体験できます。小さなお子さんでも、保護者同伴で楽しめます。

大きな風車のあるメルヘンの丘は、ゆっくりのんびりと出来、姉妹都市であるデンマークの町並みを楽しめ、ロマンチックな気分になれます。童話館では、週末におはなし会や折り紙も作れます。

思いっきり体を動かしたり、体験をしたり、自然や景色に癒されたりと、一日では周り尽くせない場所です。何度行っても、いつも楽しめるアンデルセン公園。

アンデルセン童話をテーマとした花と緑を楽しめる花の城ゾーン等の公園拡張計画も進んでおり、ますます楽しみが増えそうです。ママの手作りのお弁当持参で、いかれてはいかがですか?


アンデルセン公園 管理人から

お得情報:京成津田沼駅、新鎌ヶ谷駅を除く新京成線 の各駅や、セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスのコンビニエンスストアでは、入園料が1割引(大人810円)になる前売り券を販売してます。他に、アンデルセン公園童話館内で、年間パスポートを販売しています。
当日の入園料はかかりますが、かかった入園料はパスポート代金から引かれるので、チケットの半券は捨てずにお持ち下さい。
毎年10月第4日曜日は、大人から子供まで入園料無料になります。
アンデルセン公園周辺には農園もあり、季節にもよりますが、週末はお芋掘りやとうもろこしもぎも出来ます。特に看板はありませんので、ビニールハウス前で無人販売の八百屋さんがあったら、農家の人を捜してみては?農園の方がいらっしゃれば、お芋掘りなどの自然体験も出来ますよ。

アンデルセン公園アンデルセン公園アンデルセン公園
食のアトリエ
クッキー作り(有料)
どうぶつふれあい広場では、
ヤギ、うさぎ、羊に会えます。
夏季期間中は水遊びも。


ふなばしアンデルセン公園 詳細情報

施設名称 ふなばしアンデルセン公園
所在地 千葉県船橋市金堀町525番

大きな地図で見る
問い合わせ 047-457-6627
047-457-6661(子ども美術館直通)
URL http://www.park-funabashi.or.jp/and/index2.htm
アクセス 最寄り駅・・・・・新京成線三咲駅
入園料 一般:900円、高校生(生徒証を提示):600円、
小・中学生:200円、幼児(4歳以上):100円
開園時間 AM 9:30~PM 4:00
※ 3月20日~10月31日の土曜・日曜・祝日、
7月20日~8月31日
両期間中平日の開園時間はAM 9:30~PM 5:00
休園日 毎週月曜日
(月曜日が祝日及び振り替え休日のときはその翌日)
祝日の翌日  (祝日が金・土曜日のときは次の火曜日)
※その他、園内整備等による臨時休園がありますので、開・休園日カレンダーでご確認ください。
駐車場 普通車500円、大型車2,000円(要予約)