きぼーる(千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館)

きぼーる(千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館)

きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館2きぼーるは、2007年に千葉県庁の近くに出来た中央福祉保健センターなどのある千葉市の複合施設です。

きぼーると聞いて、アトリウムの上にある不思議な丸い物体、きぼーるのシンボルのプラネタリウムのある科学館でご存じの方も多いかもしれませんね。今回は科学館でなく、3~5階にある千葉市子ども交流館と、6階の千葉市子育て交流館を紹介します。

きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館3千葉市子ども交流館は、まず3階の受付で登録手続きをします。(千葉市外にお住まいの方も登録できます。)

3階、エントランスにあるロビー(右画像)では、休憩や食事の出来るスペースや体育館(名称アリーナ)が、あります。

4階の創造のフロアは、お菓子づくりやクッキングの出来る調理室や、工作の出来る工房もあり、お子さん向けの講座が予約制で楽しめます。(ホームページでご確認を)

きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館4オススメなのが、5階にあるプレイルーム。

室内に、子ども達の心身や遊びの力を発達させる複合型の遊具があり、雨の日でも、暑い日でも思いっきり身体を動かすことが出来ます。3歳から12歳までを対象としており、小さなお子さんでも十分に楽しめます。ママ達は、イスに座ってお子さんの動きを見ながら休憩出来ます。ですが小さなお子さんには注意が必要です。

毎時50分~10分間の休憩があり、休憩の間は、同じフロアの図書コーナーで休憩も出来ます。休憩をしたら、またプレイコーナーで遊ぶ。そんな元気なお子さんも多いです。

それから、6階にある千葉市子育て支援館も市外でも利用できます。

きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館1こちらは横長の広いプレイホールに、ボールプールや大型の積み木、プラレールにブロックのある遊びのコーナー、絵本コーナー(右画像)や創作コーナー、ままごとコーナーもあり、小さなお子さんから幼稚園児位のお子さんが楽しめる場所です。

1歳未満のお子さん向けのおもちゃがある乳児室や、飲食も出来る親子サロンもあり、週末は家族連れで賑わいます。

他にも、定期的に親子一緒に楽しめるプログラムもあり、館内のスタッフに子育ての相談も出来ます。



きぼーる(千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館) 管理人から
<注意点>千葉市子ども交流館(きぼーる内3~5階)最初の受付は、3階受付で行います。交流館内は階段で移動になりますので、5階のプレイホールへお越しの場合も3階から入場する必要があります。

きぼーるは、雨が降っても、外が暑くても、寒くてもここに来れば、お子さんを思いっきり無料で遊ばせることができます。千葉県庁や千葉市街にいらした際に、足を運んではいかが??

きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館5きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館6きぼーる千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館7
幼児室には、1歳未満のお子さんのための おもちゃやお布団が用意。プレイホールは、横長なので全体を見渡せ安心。 室内には遊具がたくさん

きぼーる(千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館) 詳細情報

施設名称 きぼーる(千葉市子ども交流館&千葉市子育て支援館)
所在地 千葉市中央区中央4-5-1

大きな地図で見る
問い合わせ ※千葉市子ども交流館(きぼーる内3~5階)
開館時間 午前9時~午後8時
電話 043-202-1503
ホームページ  http://www.qiball.info/index.php?sno=1

千葉市子育て支援館(きぼーる内6階)
開館時間  午前9時~午後5時
電話 043-201-6000
ホームページ http://www.qiball.info/index.php?sno=2
アクセス 最寄り駅 京成線千葉中央駅 徒歩5分
入館料 無料
休館日 毎週火曜日 (火曜日が祝日の場合はその翌日)、ただし小中学校が長期休業期間は開館、
年末年始(12/29~翌年1/3)
駐車場 きぼーる内に有料駐車場あり