貝柄山公園

貝柄山公園(かいがらやまこうえん・千葉県鎌ヶ谷市)

アヒルやガチョウ、水鳥などがいる大小の池が特徴・貝柄山公園

貝柄山公園は、鎌ヶ谷市にある、面積2.7ヘクタールもある大きく、細長い公園です。公園は、周囲の宅地より低い谷状になっていて、昔は谷津田と呼ばれる湿地帯であったようです。園内には長いひょうたん型をした大小の池(0.4ヘクタール)があり、カメや水鳥がいます。その池に沿った並木道を歩いていると犬の散歩している方も多く、犬と触れ合え喜こんでいるお子さんの姿も見かけることができます。

「貝柄山」の名の由来は、この辺りに縄文時代の貝塚が残されていたことからついた名称だそうです。今は陸地の鎌ヶ谷ですが、かつて海の暮らしがあったようです。公園から西側に上る階段を行くと「中沢貝塚」の案内板を見ることができます。


緑や自然が多くきれいに整備されているので、大人にとっても、居心地がよい公園で、アスレチックがあり、芝生公園もあります。週末はお弁当を持って、ゆっくりのんびりと過ごしたい公園です。


貝柄山公園 詳細情報

施設名称貝柄山公園(かいがらやまこうえん)
所在地千葉県鎌ケ谷市初富本町2-1474

拡大地図を表示
問い合わせ047-445-1141 鎌ケ谷市公園緑地課
公式サイトhttp://www.city.kamagaya.chiba.jp/
アクセス新京成電鉄北初富駅・初富駅 徒歩10分
東武野田線鎌ヶ谷駅 徒歩15分
入園料無料
駐車場あり(無料・30台)
トイレあり
定休日なし
季節イベント夏には鎌ヶ谷市民夏祭りの会場となります。